1つの命、いつかまた出会える日まで・・・

君はいつも家族を見守っててくれたね

小さいころから、人をたくさん笑顔にしてくれたね

家族の絆を深めてくれたのも君

何かあると寄り添って「どうしたの?」といち早く気づく君

僕が家を離れても

忘れずにいてくれた君。。。。。。


歳を重ねるたびに、君の存在は大きくなった。


家族が増えても、仲良くしてくれてありがとう。

君には感謝しきれないほど、助けてもらったよね。




もっとたくさん会いたかった、遊びたかったのに

君は突然僕の前からいなくなってしまったね。

前から少し分かっていたことでもあるけれど、

いずれはこうなることが運命だったんだよね。



君は僕の家族で幸せだったかな?



ゴメンネ

最後に何もしてあげれなくて。


色々してもらってばかりで、

僕は君に何もしてあげれなかったね。





お空へ行ってしまった君へ


もう1つだけ、わがままをきいてくれるかな?


お空で僕の家族を見守っててくれないかな?



いつか、君に会えるその日まで

いつか君に再開できたなら、今度は僕が君のわがままを

いっぱいい~っぱい聞くからね。



それまでどうかこんな僕のわがままをお許し下さい。

4 件のコメント :

  1. オナニー気持ち悪いです

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん
      コメントありがとうございます。

      こんな気持ち悪いブログをわざわざ見に来てくれてそしてコメントまで有難う御座います^^

      リアルで悲しい出来事があったので書いてみたんですが
      見返すと気持ち悪いですね・w・;

      ですが、ブログというものは全て○ナニーではと思いますがw

      またこんなブログを見に来て頂けたら嬉しいです♪

      削除
  2. (>_<)何もしてあげれてないなんてことはないですよーきっとお互い出来ていたはず。
    だからきっと見守ってくれます。

    返信削除
    返信
    1. ねっくさん
      コメントありがとうございます^^

      今頃、美味しいものを食べならが走り回っているかもしれませんね♪

      改めて時間は大切だと考えさせられました!

      削除

ブログ訪問有難う御座います♪